総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2007年)月別倉庫(6月) 2007年 6月21日 仲間さがし
茎から花まで透き通る 葉緑素を持たないギンリョウソウ

茎から花まで透き通る 葉緑素を持たないギンリョウソウ

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

この白色というか、色がない不思議なものは「花」でしょうか?
「これは何かな?」
葉緑素を持たない腐生植物のギンリョウソウ(銀竜草)です。

口頭ではピンと来ない様子なので、漢字で「銀の竜」と書くと説明しました。
「ははぁ」と分かったようでしたが・・・。

葉緑素を必要としないということは、つまり光合成をしないということです。
植物としての負担がとても少ないことになります。
腐植土から養分を得て育つのですが、それならそれで優秀な性質ですよね。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Monotropastrum humile"
 ● 原産 : 日本
 ● 分類 : イチヤクソウ科ギンリョウソウ属

水晶蘭という呼び名ですが、実は生薬名です。
効用としては「強壮」、「強精」、「鎮咳」作用が知られています。

比較的に知られた別名があるのですが、なんと、ユウレイタケですね。
でも、これはキノコではないので、的はずれです。

余り知られていないのですが、水晶蘭(スイショウラン)の方が美しいかな。
でも、これはランでもないので、残念ながら、的はずれです。

雰囲気ならユウレイタケの方が実態を示しているかも知れません。(=^_^=)

茎から花まで透き通る 葉緑素を持たないギンリョウソウ


 標高1600m級の広葉樹林で見掛けました。やはり、何年か前にも、標高の高い山の林道で見掛けたのですが、強い雨が降っていて撮影はうまくいきませんでした。暗い場所に育つ傾向があり、撮影は大変です。
 キノコであるとか、キノコの親戚と記載されているサイトがあります。そうではありませんので、友だちに話す時には気を付けましょう。(^.^)


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2021 Green Moonlight by NYAN