総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記北海道 ≪ 小樽
小樽 2006年春
  不思議な魅力が溢れる小樽の町並  

小樽 小樽
小樽 小樽


(古くて新しい独特な雰囲気を持つ海運の要衝)

 ここは小樽の象徴的な風景、有名な「小樽運河」周辺です。観光ポスターやはがきにいつも登場するスポットで、小樽は二度目ですが、常に観光客がたくさん集まっています。
 大正時代に作られた海運のための施設です。資料によりますと、掘ったのではなくて、海岸を埋め立てて作ったのだそうです。地形に沿って作られたので湾曲しているというような説明でした。納得したような、しないような・・・。なにしろ、どこの港湾も四角くできていますから。多くの倉庫が作られて、現在まで維持されてきました。観光地だということもありますが、とてもきれいに整備されています。

小樽 小樽
小樽 小樽


 小樽運河の周辺には楽しいスポットがたくさんありました。のんびり見て歩くだけで楽しい気分になります。それから、街角のあちこちにロシア語が溢れています。余り触れたことがない、エキゾチックな雰囲気が漂う理由の一つかもしれません。こうした観光エリアを散策した後に、少し裏側に入り込んでみたら、もっと楽しいと思います。古い時代の痕跡が残っているように感じるのではないでしょうか。

小樽 小樽
小樽 小樽


 ゆったりとした坂を登ると小樽湾が一望できます。多くの賢人・詩人が、この地をいつくしみ愛した気持ちが分かるような気がしました。
 海に面した一角に石原裕次郎記念館があります。3歳から10歳まで小樽で暮らしていたのだそうです。いろいろあるんですね。

 既に使われていない単線の引き込み線が残されています。実は、小樽運河からあまり遠くない位置にあって、そのまま細長い公園として利用されているようでした。実は、ここが一番のお気に入りなのです。

小樽


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN