総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記秋田県 ≪ 田沢湖
田沢湖 2003年春
田沢湖周辺をすみれ仲間で歩き回った思い出の地

田沢湖


(秋田駒ヶ岳に登って)
 かつて、「田沢村」は秋田県仙北郡、田沢湖の北東部にありました。秋田駒ヶ岳に登った翌日に、その旧田沢村辺りをすみれ仲間と歩いてみました。
 田沢湖は周囲約20Kmのまぁるい湖です。特徴は水深が423.4メートルあり、これは日本一の深さだとされています。因みに日本で19番目に広い湖沼でもあるそうです。

田沢湖 田沢湖 田沢湖 田沢湖

 湖水の色がコバルトブルー(瑠璃色)と表現されることがあります。でも、この色になった理由ですが、上流の玉川温泉に含まれるアルミニウムの粒子が青い波長の光だけを反射しているからだと言われていて、農業用水確保のために、玉川温泉の酸性が強い水を田沢湖で薄めることにした結果ということになります。
 農業用水は確保できたのですが、賛成が強い湖水では生物は生活できず、さかなクンで有名になったクニマスなども姿を消してしまいました。

田沢湖 田沢湖 田沢湖

 湖周辺は自然環境に恵まれていて、植物好きが散策するには適していました。この20日後にも家族で訪問していますが、もう数回は訪れています。
 プリンスホテルがあり、何度か利用させていただきました。交通の便も良くなって、都心からは新幹線こまちで田沢湖駅まで乗り入れることができるようです。

田沢湖のシンボルはコバルトブルーの水とたつこ姫の像ですね(姿を消したクニマスは辰子伝説ゆかりの魚です)

田沢湖

Ver.21

ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN