総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記群馬県 ≪ 四万
四万 2013年春
  歴史を感じさせる四万の温泉宿  

四万


(旅館「積善館」本館に宿泊してみました)

 群馬県重要文化財にも指定された歴史ある老舗旅館に宿泊してみました。最近なら、アニメ映画『千と千尋の神隠し』に登場する旅館のモデルになった建築物だと説明した方が良さそうですね。駐車スペースがありませんので、本館入口で荷物をおろした後、川沿いの指定場所に移動しました。ここは新湯川と四万川の合流点です。

四万 四万
四万 四万


 橋を渡って正面が本館です。元禄4年に建てられ、元禄7年(1694年)に旅籠宿として開業をしたとのことですよ。江戸時代ですね。勿論、その後、改修と続けて現在も利用できる状態を維持している訳です。上の山荘や佳松亭は新しくて、特に佳松亭にはベッドの部屋もあるようです(見た訳ではありません)。

四万 四万
四万


 食事は素朴な健康食とのことです。長い歴史を持つ湯治場なので、永く滞在する方も多かったのだろうと推察します。豪華な料理が出て、一泊2万円、3万円!そういう場所ではないのだと理解しています。コースによっては部屋食もあるのですが、皆が食堂で食べるのが基本です。

四万
四万 四万
四万 四万
四万


 是非、建物を歩きまわってみようと思っていました。下から本館、山荘、佳松亭という建築物が繋がっていて、迷路かダンジョンか、不思議な空間を登っていくのが、とても楽しかったですよ(笑)。でも、この白いトンネルはいったい何なのでしょうね。複数の建物を、後になって無理やり繋いだということなのでしょうか(不明のままです)。

四万 四万
四万 四万
四万 四万


 館内にはたくさんのお風呂があるのですが、撮影禁止と貼りだされている場所を避けましたので、多少平凡な感じがある写真ばかりになったかも知れません。まぁ、思い出として記憶しているので本人は構わないのですが、文字で説明することが難しいケースも有りますよね。まぁまぁ、昔の雰囲気を残していることが分かっていただければ、ルールですから仕方ないところでしょう。

四万 四万
四万


 川の畔にも温泉がありましたが、時間がなくて、ちらっと覗いただけになってしまいました。次の機会があれば、のんびりと過ごしたいものだと思ったものです。


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)