総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記長野県 ≪ 千畳敷カール
千畳敷カール 2008年夏
  噂に聞く中央アルプスの木曽駒ケ岳・千畳敷カールは美しい天上界  

千畳敷カール 千畳敷カール
千畳敷カール 千畳敷カール
千畳敷カール


(初夏の千畳敷カールは緑に包まれた別天地)

 地学で習ったカールは氷河が産み出した独特の地形です。中央アルプスの木曽駒ケ岳・千畳敷カールまでやって来ました。お花畑までなら、駒ヶ岳ロープウェイで気軽に登ることができます。しかしながら、時間に余裕があれば、山の稜線まで登ってみたいものです。難易度に段階があるようですが、稜線までなら小学生でも往復していました(注:体力は必要)
 ただ、東京方面からでは直接到達することはできません。立ちはだかる南アルプス連峰を迂回するために、一度、岡谷まで回り込んで、天竜川沿いを下って行くしかありません。

千畳敷カール 千畳敷カール
千畳敷カール 千畳敷カール
千畳敷カール 千畳敷カール


 短い夏、一気に花を咲かせる千畳敷カールの植物たちをゆっくり観察するだけで嬉しくなってしまいます。木も草も、一斉に草丈の伸ばして花開こうとしていました。

千畳敷カール
千畳敷カール


 集団でトレッキングを楽しむ姿が遠く見えていました。お花畑から見える言っても、決してお気軽に登れる位置ではなさそうです。時折、さっと黒雲が拡がることもあり、天候は不安定で変わりやすい様子でした。今回は登る予定がなかったのですが、次の機会には上まで行ってみたいところです。

千畳敷カール


 植物を詳しく紹介していません。折角ですから一つだけ紹介しておきましょう。上の写真はチングルマ(珍車、稚児車)です。おもしろいことに、このような黄色い花を咲かせている数m先で、短い金色の穂を展開していました。ススキの穂と同様のものですから、即ち、実ということになります。


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN