総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記兵庫県 ≪ 神戸
神戸 2022年春
  土地勘のないまま、走り回った四苦八苦の旅!  

神戸


(神戸とは言っても、都市部は宿泊しただけです)

 大きな貿易港「神戸」のガントリークレーンが見えていますが、実は、六甲アイランドにある有名なホテルが比較的安かったので、話の種に宿泊してみようと思っただけなのです。旅の主目的とは関連がありません。これが、土地勘のない者が犯した失敗で、向かった目的地から都市部を通り抜けて六甲アイランドまで戻ることは、とてもたいへんな行程でした。
 分かり易いJR東日本などと違って、JR東海とJR西日本の区別ができていないのですが、乗った車両が神戸よりも先まで行く車両でしたのでJR西日本だったのでしょうか。両社は発車音が違うのだそうですね。東海道新幹線という切口で理解するのが正しいのかも知れません。でも、それはそれで、山陽新幹線はどこからどこまで?という疑問が出てきます(新大阪が境界らしい)。^^
 九州へ行く時には航空便を利用しますので、関西から中国地方の新幹線に関する知識が欠如しています。「えきねっと」で新幹線に乗ることができると思っていたのですが、別途「スマートEX」に登録する必要があることが判明して、えーっ、面倒くさい!と思ったものです。分社したメリットだけを享受すれば良さそうなのに、思いっきりデメリットが出ています。

 東京駅で、折り返し車両の準備(清掃など)の様子を観察していました。セレモニーであるかの如くに宣伝するものですから、担当する方々は気分的にもたいへんでしょうね。

神戸 神戸
神戸 神戸

 到着してすぐにレンタカーを借ります。えっ、車庫がホテルの5Fなのですか?!面食らって出発すると、首都高が5車線化したような道路網を、なかなかにクセのあるドライバーさんがガンガンで走るというぶっ飛んだ世界でした(笑)。まぁ、比較的早めに慣れましたが、ぜったいに慣れない方もいることでしょうね。
 向かったのは神戸の西方で、都市部を抜けると、ウソのようにのどかな世界に変わります。山を越えて、田園風景になり、目的地付近は車両がすれ違うことは困難な道路ばかりでした。
 ほほぉ、最も多く出逢うすみれがナガバノタチツボスミレです。二つ目の目的地は「山」の名前が分かっているだけで、同じ場所をグルグル走り回り、山の入口に辿り着いた時は夕方でした。
 瀬戸内海に突き出た人工の半島で宿泊したのは悪かった訳ではないのですが、結果的に無駄な時間が掛かってしまいました。初日に辿り着いた山の入口に戻って、半日かけて楽しみました。
 全く土地勘がなかったエリアですが、あれだけ走り回れば、なんだか様子が分かってきます。それでも、もう少し違う環境を求めて、更にあちこちと走り回ってみました。

神戸 神戸
神戸 神戸
神戸

 二日目の宿泊地は「神戸ホテル フルーツ・フラワー」です。この施設自体に遊びに来る方もいらっしゃるのでしょうね。ただ、一部の施設がお休みでしたが、まぁ、少しノンビリしてみました。
 近くにアウトレットモールやイオンモールがあったのですが、ささっと見ただけです。ごめんなさい、これは余りおもしろくありませんでした。さて、気合いを入れ直して六甲山に向かいます。

神戸 神戸

 予備日としていた最終日、先日に決めて「六甲高山植物園」へ向かいます。この辺りは、思い出せない程の昔に走ったことがありました。でも、全く記憶していた風景と違います。まぁ、六甲山も広域ですからね。天候に恵まれて、花を咲かせている植物たちも多く、じっくり楽しむことができました。

神戸

Ver.21

ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN