総合案内へ戻るトップページほんにゃか旅日記島根県 ≪ 津和野
津和野 1999年春


700年の歴史を漂わせる静かな城下町

山陰の小京都 津和野

町を流れる川にも用水路にさえも綺麗な水が流れ、水草が揺れる

津和野 津和野
現役の津和野町役場、観光の中心地・殿町通りにある ライトアップされた『鷺舞』の像(殿町通り、津和野川沿い)

レンタカーで観光する町ではない

レンタサイクルでゆっくりした時の流れを楽しんだ

紅梅 白花たんぽぽ
津和野 津和野
春の訪れを告げる梅の花にマルバナミツバチが誘われる。
柔らかい光と風。優しい香りが遠くからでも感じられる。
帰化植物・西洋たんぽぽが全国的に優勢を占めているが、
地元の方の話では、白花たんぽぽが珍しくはないそうだ。

昔の友達が育った町 津和野 今では探し出す糸口もつかめない

殿町通り・町役場の向かい側にある

(尖塔を持つユニークな造り)

津和野藩と長崎浦上の切支丹

国家と宗教の問題は難しい
津和野
カトリック教会
津和野 ←県立自然公園「三本松城址」の一角

別名:津和野城、蕗城、たく吾城
「中国自然歩道」の道標が立っている

森鴎外(モリオウガイ)
 医学博士「森林太郎」、即ち、文学者「森鴎外」は11歳で上京するまで津和野で育った。鴎外の数多い作品の中でも、ドイツ女性エリスとの恋と、自らの裏切りを描いた名作「舞姫」は、とても印象的な作品だと思う。津和野は教育に力を入れた藩として知られ、観光資料には必ず載る「アヤメが咲き、鯉の住む掘割」は、多くの偉人を輩出した藩校養老館址に沿って流れている。

津和野

旧ほんにゃか旅日記より、1999/11/19 前世紀!に作った津和野のページをリニューアルしてみました。 Latest Update 2011/09/14


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)