総合案内へ戻るトップページ独りがたり 2006年 9月27日

 
[ 草がたり ] なかなか魅力あり

 野の植物や昆虫たちに関する情報を調べる書籍は持っているのだが、花屋さんの店頭に並ぶカラフルな園芸植物たちとなると、POPや鉢の札情報をメモする程度だった。その上、本人もそれで満足していたフシがある。
 しかしながら、園芸植物もなかなか魅力あり。このブログでは対象を園芸植物群まで拡げた、とうよりメインなのだが、その範囲が余りにも広くて、輸入花等の場合は名前どころか、属名の見当すらつかない。

 そんな折り、例によって図書館で『花屋さんの花を見わける本(同朋舎出版)』というタイトルを見つけて借りてみた。-ビジュアル園芸ブックス12-とある。スタジオ撮影した分かりやすい写真が多い。そんなに大きなサイズの書籍ではないので、しばらく持ち歩いてパラパラと流し読み。記憶はあるが詳しくない園芸植物について、改めて名前や特徴が分かる。とてもありがたい!

  『花屋さんの花を見わける本』
 


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN