閉じる  閉じる 
はてな窓 (WINDOW)
用語: 匍匐枝(ほふくし) 2005/11/25
stolon
説明: 根元(地上茎の基部)から出て地面を横に這う蔓状の枝で、英語のstolonはストローやストロベリーの語源になっている。
横に這いながら、その途中(節)から根と立ち上がる茎が出て新たな株を形成することが多いので、匍匐枝を出す性質の植物は叢生(そうぜい)することが多いということになる。
イモは匍匐枝の先端部分が膨らみ塊茎(tuber)となったもの。

関連用語
走出枝(そうしゅつし) 匍匐枝と同義
匐枝(ふくし) 匍匐枝と同義
匍匐茎(ほふくけい) 匍匐枝と同義

関連ページ
アオイスミレ エゾアオイスミレ オリヅルスミレ
バンスキイ ムラサキサギゴケ  

ページの先頭へ戻る