閉じる  閉じる 
はてな窓 (WINDOW)

用語: 朔果(さくか) 2007/06/22
説明: 成熟すると果皮が裂開する果実を言う。正しい漢字は草冠のある「朔」という文字であるが、コンピュータ上では機種依存文字という制限があって使用できない。
2枚以上の心皮で包まれた果実で、成熟すると乾燥して裂開、種子を飛散させる構造の果実である。
正しい漢字は草冠のある「朔」という文字であるが、コンピュータ上では機種依存文字という制限があって使用していない。

関連用語
袋果(たいか) アケビなど、一枚の心皮で包まれた果実。
莢果(きようか) マメ科やアブラナ科など、二列に裂開する果実。

関連ページ
カタバミ スミレ ホウセンカ
ヤマノイモ    

ページの先頭へ戻る