基本種 国内水平分布 English
ナエバキスミレ [オオバキスミレの変種] (苗場黄菫)
ナエバキスミレ
群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月1日
ナエバキスミレ ナエバキスミレ
ナエバキスミレ ナエバキスミレ
ナエバキスミレ ナエバキスミレ
群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月1日 alt.=1,600m
ナエバキスミレ ナエバキスミレ
ナエバキスミレ ナエバキスミレ
群馬県中之条町(旧六合村) 2006年6月14日 alt.=1,630m
分類 キスミレ類
学名 基本種 オオバキスミレ Viola brevistipulata (Franch. et Savat.) W Becker
変種 ナエバキスミレ Viola brevistipulata var. kishidai (Nakai) F. Maekawa et Hashimoto
由来 brevistipulata : 短い托葉がある
茎の形態 有茎種
生育環境 明るい亜高山の岩場や礫地に見られる。
分布 国内 上越地方から南東北の山地に分布する。
海外 日本固有種。
補足  
花の特徴 形状 花期は6月。
花弁の裏側が紫色を帯びる個体は少ない。
花柱は横に膨らみ、有毛。
他は基本種に準ずる。
花期
花柱
芳香
葉の特徴 形状 葉は1.5~2cmの心形から三角状心形。肉厚。表面は光沢のある濃緑色。裏面は赤みを帯びる。一番下の葉(茎生葉)は離れ、それ以外は上の方にまとまって付く。赤い茎はくねくねと曲がっていることがある。
他は基本種に準ずる。
托葉
種の特徴 形状
根の特徴
染色体数
絶滅危惧 石川県:絶滅危惧Ⅱ類
基準標本 苗場山
その他 オオバキスミレの小型化した変種(蛇紋岩地産が典型品)。紅紫色で短毛がある。
"Flora of Japan, Vol. IIc"ではダイセンキスミレにまとめた。
 平年より日照が少なく、気温も低い日々が続き、この頃、やっと気温が上がり始めたと思ったら、いきなり30℃ということになった日だったが、亜高山ではまだ雪が残っていました。岩場や礫地に繋がる山を登った途中に、ナエバキスミレが固まって咲いていました。おそらく、最近まで雪渓であったろう緩やかな南斜面にも、流れるように群生しているのが見られた。
2006/06/03

徒然草 2006/06/03 2006/06/16 2007/07/29 2008/02/27  
2006/06/03 2006/06/16 2007/07/29 2008/02/27  
(2006/06/03) Latest Update 2018/09/02 [410KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !