平地のすみれたちは既に花を終えており、東北や北海道でも少し高い山まで登らないと開花株に出逢うことは難しくなってきましたね。そんな中でも、平地で遅くまで花を咲かせるタチスミレの自生地を訪ねてみました。
←戻る
次へ進む→
タチスミレ 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 数年前までの観察の結果では6月いっぱい花を見ることができるはずでしたが、今年は既に果実ばかり。長い時間、葦をかき分けて観察したところ、個体数は増えているように感じました。一方、何が原因なのか、草丈が異常に低い株ばかりで驚いてしまいました。大きな托葉と茎生葉の間から顔を出しているのは閉鎖花でしょう。一応、花です(笑)。
   毎年、この時期はスケジュールの自由が効かなくなる傾向があり、天候の変化も激しく、なかなか出掛けることができませんでした。
ページのトップへ戻る