←戻る
次へ進む→
オクタマスミレ 進む→
次へ進む→
 花の様子が違いますが、側弁に白い毛があり、両方ともオクタマスミレと思われます。それぞれ10株から20株程度の小群落を形成していました。ただし、その小群落間の距離は100mも離れていません。
 周辺を丹念に探してみると、両親であるヒナスミレとエイザンスミレそれぞれに、丸い花びらを持って花全体も丸い型と、上弁が後ろに反って花全体が平たい型が見られることが分かりました。つまり、どちらに似たということでもないと、そういうことなのでしょう。でも、その両親の姿自体が改めて不思議になりますね。
現地では花びらの形状を余り強く意識していませんでした。写真を繁々と観察して、あらら~と感心する状況で、これではいけませんね。
ページのトップへ戻る