←戻る
次へ進む→
オオタチツボスミレ 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 オオタチツボスミレは各地で観察できますが、福井県と石川県の県境で出逢った鮮やかな個体群が記憶に鮮明です。まだ、草丈が短い状態で気温が上がったため、急遽、花を咲かせたという様子でした。
 雪国では普通種であり、目立つというイメージのすみれではないのですが、実はご依頼を受けて、ある小雑誌の表紙用画像として提供したことがありました。とても楽しかった旅を思い出させる個体群です。
 7月に入りました。グズツイた天候が続き、時には寒い朝を迎える日々ですね。なんと、まだ花を咲かせている外来種があります(笑)。
ページのトップへ戻る