←戻る
次へ進む→
サクラスミレ 進む→
次へ進む→
 サクラスミレは、思いの外、分布の広いすみれですが、地元に自生していない事情もあって、やはり、旅先で出逢うすみれというイメージになってしまいます。個体数では信州エリアが特に多いのではないでしょうか。
 その信州で撮影した、かなり昔の写真を持ち出してきました。サクラスミレの情報に接すると、この時期の風景が脳裏に浮かんで来ます。当もアホな位に忙しかったのですが、なんとか時間を創りだしては頻繁に出掛けていましたねぇ。あの行脚で得たものは、現在の宝物になっています。動ける時に動くべし、という判断は間違っていなかった・・・、かも。
 狭い栽培棚で幾つかの返り咲きが見られますが、近隣の路地で花が咲いている様子はありません。返り咲きの法則性は不明のままです。
ページのトップへ戻る