総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2007年)月別倉庫(8月) 2007年 8月12日 仲間さがし
小粒でぴりりと辛いという和風の香辛料 サンショウ(山椒)

小粒でぴりりと辛いという和風の香辛料 サンショウ(山椒)

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

時々、街角でも特徴的な(奇数)羽状複葉を見掛けますね。
「これは何かな?」
別名をジャパニーズペッパー、小粒でピリリと辛いサンショウ(山椒)ですね。

料理に用いられるのは実ばかりではなく、葉や若芽も重宝されます。
でも、葉の方は、事実上、色を添えるというような使い方がほとんどでしょう。
意外な用途ですが、幹が「すりこぎ」に用いられるのだそうですね。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Zanthoxylum piperitum"
 ● 原産 : 日本、東アジア
 ● 分類 : ミカン科サンショウ属

独特な風味ですが、ウナギの蒲焼きと連想されるポピュラーな香辛料です。
同時に、辛味成分は健胃等の効用も認められます。
その名も"sanshool"、サンショオールと読むそうです。o(^▽^)o

せいぜい3から5m程度にしかならない低木ですが棘があります。
棘があると庭木には嫌われがちですが、比較的見掛けるのが不思議です。
「椒」は「はじかみ」と読み、香辛料そのものを意味します。
「山」、つまり、どこでも手に入る香辛料という意味ではないでしょうか。

小粒でぴりりと辛いという和風の香辛料 サンショウ(山椒)


 何年間も同じ場所で実を付けていますが、おもしろいことに、ちっとも大きくなりません。これは不思議なことではないでしょうか。樹木ですから、年輪を刻んで少しずつ大きくなりそうなものですが、いつ見ても同じような樹高で、同じような太さに見えるのです。


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2022 Green Moonlight by NYAN