フユイチゴ(冬苺) (バラ科)--- Rubus buergeri ---

フユイチゴ(冬苺、バラ科)
 公園でおいしそうな野苺を見つけました。初冬に果実が熟すのでフユイチゴ(冬苺)というそうです。小低木に分類されますが、上に伸びるより、山の中を地面を這うように生育する性質で、丸くて大きく毛深い葉が独特です。
 見かけが「草」と言うより「木」で、果実が枝にできることから俗に木苺とも呼ばれるグループです。近縁種や品種が幾つかあるそうで、ちょっと興味をそそられますね。
撮影 : 千葉県千葉市 2021/09/23

科/属 バラ科/キイチゴ属 属性(生活型) 常緑低木
標準和名 フユイチゴ 漢字表記 冬苺
学名/栽培品種名 Rubus buergeri Miq. RDB
花期 秋:8~10月 結実期 冬:11~1月
原産地 日本、朝鮮、中国、台湾 国内分布 本州から沖縄に分布する。
自生環境 低山の林縁部に自生する。
補 足 山道の林縁などで見られる小低木。食用になり、木苺としておいしい方と評価されている。栽培は容易で、挿し木で増やすことができる。

フユイチゴ(冬苺、バラ科) フユイチゴ(冬苺、バラ科)
大きくてゴワゴワした葉の表面には短い軟毛がたくさん見られます
撮影 : 千葉県千葉市 2021/09/23

(つぶやきの棚)徒然草


 (2021/12/12) Latest Update 2022/03/28 [400KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る