四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

キイジョウロウホトトギス(ユリ科)--- Tricyrtis hirta ssp. macranthopsis (Thunb.) Hook. ---

キイジョウロウホトトギス(ユリ科)
 花が黄色いホトトギスです。キイジョウロウホトトギスという名前ですが、カタカナだけで表現されるとさっぱり分かりません。紀伊半島特産で『紀伊上臈杜鵑』と書きます。
 さて、「紀伊」は文字通りですが、「上臈」とは何でしょう。調べてみると、江戸城の大奥にあった職名とか、宮中に仕える位の高い女官という説明があるようです。転じて、貴婦人的な意味を与えられている訳ですね。絶滅危惧II類(VU)です。
撮影 : 千葉県船橋市 2011/11/01

科/属 ユリ科/ホトトギス属 属性(生活型) 耐寒性多年草
標準和名 キイジョウロウホトトギス 漢字表記 紀伊上臈杜鵑
学 名 Tricyrtis macranthopsis ssp. macranthopsis Masam. RDB 絶滅危惧II類(VU)
開花期 秋 :8~10月 結実期
原産地 日本 国内分布 和歌山県、奈良県。
自生環境 人が近づくことが困難な垂直に切り立った崖に群生する。
補 足 艶のある大きな黄色い花を咲かせる。栽培は難しい。

キイジョウロウホトトギス(ユリ科) キイジョウロウホトトギス(ユリ科)
キイジョウロウホトトギス(ユリ科) キイジョウロウホトトギス(ユリ科)
茎全体がしなり、花は垂れ下がる状態で咲きます 接近が難しい垂直に切り立った崖に群生します
キイジョウロウホトトギス(ユリ科)
大型の植物で、花は艶のある特徴的な濃い黄色、花の内側には紫褐色の斑点があります
撮影 : 神奈川県(植物園) 2005/09/27

(2016/11/15) Latest Update 2016/11/15 [330KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る