ヨウシュヤマゴボウ (ヤマゴボウ科)--- Phytolacca amricana L. ---

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科)
 北米原産の巨大な雑草です。空き地があると、いつの間にか1mにも育ち、薄紅色の小さな花を咲かせて、濃赤紫の実(液果)をつけます。有毒部分は全草で、特に根が有毒だそうです。
 「毒をもって毒を制す」という言葉がありますが、薬草園でも見られるから不思議です。何に効くのでしょう。
撮影 : 千葉県船橋市 2006/09/21

ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 ヨウシュヤマゴボウ 漢字表記 洋種山牛蒡
学名/栽培品種名 Phytolacca americana L. RDB
花期 夏:6~9月 結実期 秋:9~10月
原産地 北米 備考
国内分布 繁殖力が強く、帰化植物として各地で繁殖している。
自生環境 雑草として、幅広い環境で生育する。
補 足 生育旺盛な大型植物。有毒植物。鳥によって運ばれる果実には毒がないとする資料と、果実も有毒であるという資料がある。別名:アメリカヤマゴボウ。

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科)
総状花序の変化が分かります。有毒植物 (全草、特に根は猛毒)です
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科)
花後の姿は葡萄状に展開します。茎部分の赤みが特に目立ちますね
撮影 : 千葉県習志野市 2016/09/10

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科) ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、ヤマゴボウ科)
花の咲き始めで、赤味が強くない時期が一番見映えがする状態だと思います
撮影 : 千葉県船橋市 2006/09/21

アメリカヤマゴボウという別名がありますが、 Phytolacca amricana という学名を見る限り、こちらの方が近いのです。でも、欧州や東南アジアにも広く分布していますので、まぁ、妥当な線かも知れませんね。
 明治初期に渡来して、繁殖力が強いのか、あっという間に国内各地で繁殖しています。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2000/03/19) Latest Update 2022/07/27 [210KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る