四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

アマドコロ(ユリ科)--- Polygonatum odoratum var. maximowiczii ---

アマドコロ(ユリ科)
 明るい林に咲く多年草。写真の個体は比較的背が高いが、一般には膝丈程度が多い。山野草ながら、完成度の高い美しい植物ではないだろうか。
 ナルコユリ、ヒメイズイなど良く似た野草が多い。園芸種のドイツスズランも良く似たイメージがある。ナルコユリは茎の断面が丸いが、アマドコロは角張っている。また、アマドコロの方が葉の幅が広い。
撮影 : 千葉県千葉市 2000/06/04

科/属 ユリ科/アマドコロ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 アマドコロ 漢字表記 甘野老
学 名 Polygonatum odoratum var. pluriflorum RDB
開花期 春:4~5月 結実期
原産地 日本 国内分布 基本種は本州、四国、九州、沖縄に分布する。海外では朝鮮半島、中国に分布する。
自生環境 山地の半日陰になるような林下などに自生する。
補 足 ナギイカダ科に分類されることがある。根茎がヤマノイモ科の一種オニドコロ(鬼野老)に似ているが、食すと甘いところから命名された。

アマドコロ(ユリ科) アマドコロ(ユリ科)
クリームイエローとグリーンの美しい花です 明るい山林に群生しています
撮影 : 千葉県千葉市 2000/06/04
アマドコロ(ユリ科)
アマドコロとナルコユリ

ホウチャクソウとアマドコロさえ、間違えていました。ナルコユリと区別ができていないかもしれません。撮影時点で(今も)、十分な知識がなかったため、ポイントの確認が不充分ですね。
特徴 アマドコロ ナルコユリ
茎の断面 基部を除き稜角がある 円柱形
根茎の節 節の間が短い 節の間が長い
葉の形状 幅の広い長楕円形 幅が狭い披針形
葉の裏面 平滑 葉脈に沿って粒状突起がある

 基本種は分布が広いが、日本にはオオアマドコロ(var. maximowiczii)、ヤマアマドコロ(var. thunbergii)を含めて、3変種が見られる。


(2000/05/27) Latest Update 2012/11/13 [100KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る