四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ハルジオン[春紫苑](キク科)--- Erigeron philadelphicus L. ---

ハルジオン[春紫苑](キク科)
 代表的なキク科の雑草(笑)であるハルジオン(姫紫苑)です。春に咲く紫苑(シオン)ですから、ハルジョオンと読んではいけないことになります。同属の植物であるヒメジョオン(姫女苑)と読みの混同が起きているという訳です。下方に両者の比較表を掲出してありますが、写真を見比べて区別しようとすると、意外に難しいことがありますが、自生地ではなんとかなりそうです。
 花の色は基本的に白ですが、淡い赤紫色の花も見られます。蕾がうなだれるように下を向く特徴があると言われます。ヒメジョオンがそうではない訳ではなく、同じようにうなだれているものも見られるようです。
撮影 : 千葉県八千代市 2009/04/28

科/属 キク科/ムカシヨモギ属 属性(生活型) 帰化植物、多年草、要注意外来生物
標準和名 ハルジオン 漢字表記 春紫苑
学 名 Erigeron philadelphicus L.  RDB
開花期 春:4~5月 結実期
原産地 北米 国内分布 帰化植物として国内ではほぼ全国に分布する。海外では北米を中心に広く世界中に自生する。
自生環境 繁殖力が強く、あらゆる土地に適応している。
補 足 1920年代から観賞花卉として輸入されたが、動物を含めた日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている。除草剤耐性などがあり、更に繁殖力が強い。

ハルジオン[春紫苑](キク科) ハルジオン[春紫苑](キク科)
撮影 : 千葉県千葉市 2010/05/02
ハルジオン[春紫苑](キク科)
撮影 : 東京都八王子市 2003/05/18
項目 ハルジオン(春紫苑) ヒメジョオン(姫女苑)
茎(切断面) 中空になっている 白い組織が詰まっている
花期(両者比較) 早い(4~5月) 遅い(5~8月、秋)
花全体(両者比較) 大きくて花数が少ない 小さくて花数が多い
舌状花(両者比較) 細くて数が多い 幅があって数が少ない
茎生葉 長三角形で茎を抱くように付く 長披針形で茎を抱いていない
根出葉 花期にも残る 花期には枯れる
草丈(両者比較) 低い 高い

ハルジオン[春紫苑](キク科) ハルジオン[春紫苑](キク科)
ハルジオン[春紫苑](キク科)
撮影 : 千葉県柏市(旧沼南町) 2004/05/15
 繁殖力が極めて強く、除草剤耐性型があり、刈り込みに対する耐性も強いとされます。つまり、駆除がとても難しい雑草ということです。在来種との競合した上で、駆逐してしまうおそれがあるので、動物を含めた日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会)に指定されています。

ハルジオン[春紫苑](キク科)
茎生葉は長三角形で茎を抱くように付く、なるほど!
撮影 : 千葉県八千代市 2016/05/21
徒然草 2016/06/14        
2016/06/14        

(2011/11/11) Latest Update 2016/06/14 [330KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る