四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

ミヤマカタバミ(カタバミ科)--- Oxalis griffithii ---

ミヤマカタバミ(カタバミ科)
漢字で表現すると『深山傍食』。通常、白い花を咲かせる多年草です。時にピンク色の花もあるとのことです。町中で見られるカタバミの比較してとても大きく、葉は濃い緑色でシッカリしています。花弁に紫条が入ると記載されている資料もあるようです。
カタバミは『傍食』と書き、気温の変化、日照などに対応して葉を閉じます。その姿が、一方の葉が欠けている様に見える、という意味なのだそうです。
撮影 : 岩手県和賀郡 2002/05/03

科/属 カタバミ科/カタバミ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 ミヤマカタバミ 漢字表記 深山片喰、深山酢漿草
学 名 Oxalis griffithii RDB
開花期 春:3~4月 結実期
原産地 日本 国内分布 国内では南東北から中国、四国に分布する。海外ではヒマラヤに自生する。
自生環境 山地の半日陰で湿度が林下などに自生する。
補 足 葉の裏面、花柄などに軟毛が密生する特徴で近縁種と区別する。花色が薄紅色のベニバナミヤマカタバミがある。別名:ヤマカタバミ、エイザンカタバミ

ミヤマカタバミ(カタバミ科) ミヤマカタバミ(カタバミ科)
ミズバショウが咲く湿った場所に咲いていました。 とても大柄でフワッとした白い印象的な花でした。
撮影 : 岩手県和賀郡 2002/05/03
ミヤマカタバミ(カタバミ科) ミヤマカタバミ(カタバミ科)
撮影 : 東京都八王子市 2005/04/17
ミヤマカタバミ(カタバミ科)
撮影 : 広島県庄原市 2007/04/27

徒然草 2002/08/06        
2002/08/06        

(2002/08/06) Latest Update 2011/11/11 [265KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る