四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

タネツケバナ(アブラナ科)--- Cardamine scutata Thunb. (1794) ---

タネツケバナ(アブラナ科)
 春、日本全国の田んぼや路傍で広く見られる雑草の類です。小さい白い花は、よく見ると、けっこう可愛くて、確かにアブラナの仲間に見えますね。漢字で「種漬花」と書くそうです。即ち、種籾を水につける作業を行う頃に咲く花なのですね。
 花後、果実が熟すと、小さな種子がパチンと音を立てて飛び散ります。たくさんの種子ができるので、「種付花」と誤解をしていました。
撮影 : 千葉県千葉市 2016年3月29日

科/属 アブラナ科/タネツケバナ属 属性(生活型) 越年草
標準和名 タネツケバナ 漢字表記 種漬花
学 名 Cardamine scutata Thunb. RDB
開花期 春から初夏:3~6月 結実期 初夏
原産地 北半球 国内分布 日本全国、北半球に広く分布。
自生環境 日本全国の田畑、路傍の湿性の高い場所
補 足 別名:コメナズナ、アワナズナ。若芽を若葉を生サラダ、茹でて和え物、汁、天ぷらなどに供する。

タネツケバナ(アブラナ科) タネツケバナ(アブラナ科)
ここは水を張る前の田んぼですが、数枚の田んぼ一面に白い花が咲き、絨毯のようになっていました
撮影 : 千葉県千葉市 2016年3月29日

徒然草 2016/05/12        
2016/05/12        

(2016/05/12) Latest Update 2016/05/12 [150KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る