四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

コウトウシュウカイドウ(シュウカイドウ科)--- Begonia fenisis ---

コウトウシュウカイドウ(シュウカイドウ科)
 撮影地はイリオモテヤマネコで知られる西表島(沖縄)のジャングルの中です。湿った細い山道を歩いていると、大きな岩の隙間などから立ち上がって、かわいらしい花を咲かせていました。ベゴニアの仲間であるシュウカイドウだとわかったのですが、日本に自生しているという知識がなくて、こんなところに外来種が入り込んでいるのか!と驚いたものです。
 日本には、やはり西表島などにマルヤマシュウカイドウという仲間があり、この2種だけが自生種なのだそうです。
撮影 : 沖縄県(西表島) 2007/04/11

科/属 シュウカイドウ科/シュウカイドウ属 属性(生活型) 多年草
標準和名 コウトウシュウカイドウ 漢字表記 紅頭秋海棠
学 名 Begonia fenisis Merr. RDB 環境省=絶滅危惧II類(VU)・沖縄県=危急種
開花期 春:3~10月 結実期
原産地 日本、台湾、フィリピン 国内分布 沖縄八重山諸島の西表島、西表島、与那国島に分布している。
自生環境 森林(ジャングル)の渓流など水が流れる場所の岩場に自生する。
補 足 ベゴニアの仲間で日本に自生しているのは、本種とマルヤマシュウカイドウのみ。

コウトウシュウカイドウ(シュウカイドウ科)
花柄を長く伸ばして、中央部が黄色い花を咲かせていました
撮影 : 沖縄県(西表島) 2007/04/11
 自生種だと思わず、軽い気持ちで撮影していました。次の機会があれば、きちんと撮影したいところです。

(2012/12/06) Latest Update 2012/12/06 [185KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る