ネムノキ (マメ科)--- Albizia julibrissin ---

ネムノキ(マメ科)
 一面にふわふわで淡い紅色の綿毛が開いているようなネムノキ(合歓木)は落葉高木です。独特の葉の姿がマメ科であることを物語っていますね。
 葉は、鳥の羽に似た羽状複葉、暗くなると掌を合わせるように閉じる性質(就眠運動)から、ネブル=ネムル、眠る木からネムノキと呼ばれているとの説が有力です。中国由来の「合歓」という漢字を当てますが、これは「男女がよろこびを共にすること」、夫婦和合を意味する言葉です。
撮影 : 千葉県船橋市 2021/06/21

科/属 マメ科/ネムノキ属 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 ネムノキ 漢字表記 合歓木
学名/栽培品種名 Albizia julibrissin Durazz. RDB
花期 夏:6~7月 結実期 秋:10 - 12月
原産地 日本、中国、中東 国内分布 本州以南。
自生環境 山地や原野、川岸。
補 足 日が沈んで気温が下がると葉を閉じて眠るように見える(就眠運動)ことに由来する。耐寒性がある。荒れ地に先行して展開するパイオニア植物という側面を持つ。

ネムノキ(マメ科) ネムノキ(マメ科)
この樹は、まだ若くて樹高が低い状態にあるため、この位置で花を撮影できてラッキーです。
撮影 : 千葉県船橋市 2021/06/21

ネムノキ(マメ科) ネムノキ(マメ科)
夕方になると葉を閉じるのは、光に対する反応ではなく、温度に対する反応だそうです。
撮影 : 千葉県船橋市 2021/07/19
指で触ると葉を閉じるオジギソウです。ぱっと見には似ているので、イメージとして勘違いされることが多いかも知れません。
 同じマメ科ですが、ネムノキはネムノキ亜科ネムノキ属、オジギソウはネムノキ亜科オゾギソウ属に分類されます。近縁と言えば近縁ですが、ネムノキは木本、オジギソウはは草本ですね。

徒然草


 (2021/07/22) Latest Update 2021/07/24 [700KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る