サルスベリ (百日紅、ミソハギ科)--- Lagerstroemia indica ---

サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)
 真夏、太陽が眩しくなると咲き始めるインパクトの強い花たち。濃い紅色からピンク色、白い花も多く見かけます。枝崎の方から次々に咲き続けて、初秋まで花を咲かせます。
 樹皮のコルク層が剥がれて、下からつるつるした肌色の幹や枝が見えているのですが、サルスベリという名前は、これでは猿も滑って登れないだろうという意味だとか。ただし、猿は木登のプロですから、この程度ならいとも簡単に登ってしまうことでしょう。一方、百日紅という名前ですが、こちらは読んで字の如く、長い花期を意味しているそうです。
撮影 : 東京都江戸川区 2009年8月15日

ミソハギ科 サルスベリ属
分類体系 APG 属性(生活型) 落葉低木
標準和名 サルスベリ 漢字表記 百日紅、猿滑
学名/栽培品種名 Lagerstroemia indica L. RDB
花期 夏:7~9月 結実期
原産地 中国南部原産 備考
国内分布 中国からの渡来種(江戸時代以前とされる)。
自生環境
補 足 別名:百日紅(ヒャクジッコウ)。成木の幹にある樹皮が剥げ落ちやすい。ツルツルするため、猿でも登るのが難しいことが命名の由来。

サルスベリ(百日紅、ミソハギ科) サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)
濃紅色の花、枝先に多くの花が咲きます ふわっとした印象のピンク色の花
撮影 : 千葉県船橋市 2009年8月26日 撮影 : 東京都江戸川区 2009年8月15日
サルスベリ(百日紅、ミソハギ科) サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)
白い花が垂れ下がるように咲いていました 青空を背景にしてキリッと咲く姿が爽やかです
撮影 : 千葉県船橋市 2006年7月25日 撮影 : 千葉県船橋市 2009年8月26日

サルスベリ(百日紅、ミソハギ科)
撮影 : 千葉県佐倉市 2007年8月4日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2011/09/29) Latest Update 2022/07/14 [330KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る