シシウド (猪独活属、セリ科)--- Angelica pubescens ---

シシウド(猪独活属、セリ科)
 山地の草原等に自省する大型の多年草です。花が咲くまでに数年を要して、花が咲くと枯死するとのこと(一稔性植物)。まるでセミのような植物です。鎮痛、鎮静、血管拡張作用のある薬草としても知られています。大型の植物であり、草丈が2m程度のものも珍しくありません。
(注)独特な形質を持つ植物ですが、良く似た種が多く、同定は難しいとのことでした。これは確かにシシウドなのか、心配になってきました。
撮影 : 山梨県牧丘町 2004年7月18日

セリ科 シシウド属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草(一稔性草本)
標準和名 シシウド 漢字表記 猪独活属
学名/栽培品種名 Angelica pubescens Maxim. RDB
花期 夏:8~11月 結実期
原産地 日本固有種 備考
国内分布 本州、四国、九州に分布する。
自生環境 日当たりのよい山地、草原に自生する。
補 足 多年草だが、開花結実すると枯死する。草丈は1~2mになる大型草本。属名は「天使」を意味する。生薬名を「唐独活(トウドクカツトウドッカツ)」という。

シシウド(猪独活属、セリ科) シシウド(猪独活属、セリ科)
撮影 : 山梨県牧丘町 2004年7月18日

シシウド(猪独活属、セリ科) シシウド(猪独活属、セリ科)
シシウド(猪独活属、セリ科)
撮影 : 山梨県牧丘町 2006年8月5日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2004/07/28) Latest Update 2022/07/14 [230KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る