ツマトリソウ (褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科)--- Trientalis europaea ---

ツマトリソウ(褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科)
 皆で山道を(きょろきょろしながら)ゆっくり歩いていますと、比較的乾燥した路傍のところどころで現れる白い花がありました。ツマトリソウというそうです。「妻」ではなく「褄」を取ると書きます。
 少し幅が広めの披針形をした葉を持っており、低木っぽい雰囲気もありますが、多年草とのことでした。花弁はキク科の植物のように風ぐるま然と7枚がくるりと並んでいます。全ての花ではないのですが、花弁の先端部(褄)が少し濃くなったグラデーションになることがあります。
 このような花弁の色変化が『鎧の威色目(おどしいろめ)の一種である褄取りに似ている』ことが命名の所以だそうです。これって、山野草の名前として庶民の一般認識に合致するのか、つまり、誰にでも「なるほどね!」と通じるのかというと、どうも説得力がありませんね。
 がんばって探すと『褄は着物の端のことで、花や縁の色合いが着物の褄を取り、裏地の色が見える様子』とした少し違う説明も見つけました。少し庶民的になってきましたね。
撮影 : 長野県下高井郡 2022年6月18日

科/属 サクラソウ科/ツマトリソウ属 属性(生活型) 多年草、高山植物
標準和名 ツマトリソウ 漢字表記 褄取草
学名/栽培品種名 Trientalis europaea RDB
花期 初夏:6~8月 結実期
原産地 日本、北米、欧州 国内分布 国内では北海道から本州、四国、海外では北米、欧州、シベリアから東アジアに分布する。
自生環境 高山や亜高山帯の半陰地、林縁に自生する。
補 足 花弁と雄しべが7個、キク科の植物のように放射状に並ぶ。分類が変化している種で、サクラソウ科オカトラノオ属、ヤブコウジ科ツマトリソウ属などとも説明される。

ツマトリソウ(褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科) ツマトリソウ(褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科)
ツマトリソウ(褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科)
こちらの個体は花弁全体が白く、縁側に色づいた部分はないようです。
ツマトリソウ(褄取草、サクラソウ科→ヤブコウジ科)
きれいに並んだ花弁を上から見てばかり、裏側を見ていないままでした。
撮影 : 長野県下高井郡 2022年6月18日

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/06/21) Latest Update 2022/07/10 [615KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る