ヤナギラン (柳蘭、アカバナ科)--- Chamaenerion angustifolium (L.) Scop. subsp. angustifolium ---

ヤナギラン(柳蘭、アカバナ科)
 高原には、たいそう鮮やかな花が咲くものですね!柳のような葉、蘭のような花。アカバナ科のヤナギラン(柳蘭)です。ただし、個々の花を良く見ますと、蘭の花とは異なる構造ですね。草丈の高い植物です。夏の草原では、草丈は生存競争の重要な要素なのでしょう。
撮影 : 山梨県牧丘町 2004年7月19日

アカバナ科 ヤナギラン属
分類体系 APG 属性(生活型) 多年草
標準和名 ヤナギラン 漢字表記 柳蘭
学名/栽培品種名 Chamerion angustifolium (L.) Holub subsp. angustifolium RDB
花期 夏:6~9月 結実期
原産地 欧州、アジア、北米 備考
国内分布 北海道、本州(中部地方以北)に分布する。海外ではヨーロッパ、アジア、北アメリカなど北半球に広く見られる。
自生環境 山地の草原に自生する。
補 足 和名に反してランの仲間ではない。世界で広く分布し、日本では北海道・本州以北の亜高山帯から山地帯の草地や礫地に分布する。

ヤナギラン(柳蘭、アカバナ科)
花の側面をクマンバチが飛んでいますね(夏の高原は昆虫たちの楽園です)
撮影 : 山梨県牧丘町 2004年7月19日
学名が大きく2種類 Chamaenerion angustifolium subsp. angustifolium Epilobium angustifolium が見られます。どこかで「属」の変更があったのでしょうか。「科」の変更でなくて助かります。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2006/08/06) Latest Update 2022/07/27 [150KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る