←戻る
←戻る
サオトメカズラ(早乙女蔓、アカネ科) 進む→
進む→

サオトメカズラ(早乙女蔓、アカネ科) 小柄な夏の覇者 徒然草
 かなり以前から開花していましたが、暑くなって、やっと本格的に咲き出しました。サオトメカズラとか、ヤイトバナと呼んでいますが、実は、最も広く使われている名前はヘクソカズラのようです。まぁ、かわいそうな気がして、サオトメカズラを基本にしているという訳ですね。
 花冠は 1cm 程度の釣鐘状また漏斗状で、浅く5裂しており、外側は白色、内側は紅紫色、腺毛が密生しているという独特な姿です。大きな植物ではないのですが、盛んに蔓を伸ばして勝ち誇るように優位なポジションを得ているようです。昔、電柱が覆い尽くされている姿を見たことがありました。

2021/07/29



あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る