←戻る
←戻る
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡策、ケマンソウ科)
詳細情報へ
進む→
進む→

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡策、ケマンソウ科) 名前には諸説あり (つぶやきの棚)徒然草
 この季節に野山を歩いていると、よく見かけるエンゴサクの一つです。実は、良く似た仲間が多いのですが、咲いている地域などで(ある程度)種を絞ることができるかも知れません。これは関東から西日本で見られ、ジロボウエンゴサクという長い名前を持っています。
 当サイトでも、投稿日現在で、同属種であるヤマエンゴサク、ミチノクエンゴサク、エゾエンゴサクを掲載しています。ヤマエンゴサクは広い範囲で見られる普遍種ですが、他の2種は、名前から生まれ育ちが分かるような気がしますね。
 ところで、ジロボウは次郎坊、つまり、次男坊的な意味です。実は長男坊の太郎坊もあって、スミレのことだと言われています(諸説あり)。

2022/04/05 ひまわり ひまわり HOME

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る