←戻る
←戻る
エゾカンゾウ(蝦夷甘草、ツルボラン科)
詳細情報へ
進む→
進む→

エゾカンゾウ(蝦夷甘草、ツルボラン科) ポツンポツンと咲く (つぶやきの棚)徒然草
 北海道の海岸沿いや小高い丘に見覚えのある黄色い花が咲いていました。ニッコウキスゲに似ていますね。ニッコウキスゲは正式名を「禅庭花(ゼンテイカ)」といい、北海道から本州中部地方まで分布するユリ科の一日花ということに・・・。でも、この情報には異論がいっぱいあります。
 現地のパンフレットには、エゾゼンテイカか、エゾカンゾウという表現が多かったようです。調べて見ると、ユリ科、ススキノキ科、ツルボラン科、他多数が出てきます。これは困ったちゃんだったようですね。まぁ、これはヒトの勝手な都合に過ぎません。
 海岸沿いではポツンポツンと生えていましたが、小高い丘では一面に蕾が付いた花茎を延ばしていました。いっせいに咲く姿を見たかったですね。

2022/06/17 ひまわり ひまわり HOME

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る