←戻る
←戻る
イネ(稲、イネ科)
詳細情報へ
進む→
進む→

イネ(稲、イネ科) 冬鳥たちの餌が実る (つぶやきの棚)徒然草
 山野草ではない水稲の話が増えてしまいました(元々は山野草だった訳ですが)。ちょっと貧弱で、薄い印象の稲ですが、実は、稲刈り後に茎元から伸びた「孫生え(ひこばえ)」と呼ばれる再生した稲です。いつも不思議に思うのですが、果実である「お米」ができるんですよね。
 刈り取られた稲の茎から、新たに芽吹き、伸び上がって、花が咲いて、結実するということですよね。この短期間で、田植えからの半年を繰り返していることになります。重さで頭を垂れていて、指でさわってみると、しっかりと種子、つまり、お米が詰まっていることが分かりました。

2022/10/13 ひまわり ひまわり HOME

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る