←戻る
←戻る
イヌタデ(犬蓼、タデ科)
詳細情報へ
進む→
進む→

イヌタデ(犬蓼、タデ科) 和の美意識に合う (つぶやきの棚)徒然草
 春から晩秋まで花を咲かせ続ける性質ですが、実際に撮影している記録を見てみると、10月か11月、秋に撮影していることが多いことが分かります。この理由は、ちょっと分かりませんが、花数などの要因で目立ったり、目立たなかったりするのかなぁと思っています。
 ただでさえ、小さくて目立たない植物ですが、古今、焼き物や扇の絵柄とか、ブローチなどの造形デザインのモチーフになっていることが多いように感じます。和洋両方で使われますが、和の印象がより強いかも知れませんね。日本人の好みに合う風貌を持った植物なのでしょう。

2022/11/06 ひまわり ひまわり HOME

あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る