総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2006年)月別倉庫(11月) 2006年11月 6日 仲間さがし
★★★ 代表的ハーブ 静かな芳香 ローズマリー ★★★

代表的ハーブ 静かな芳香 ローズマリー

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

目立たない花 代表的ハーブ ローズマリー(海の露?)

細い松葉のような緑色の葉の間から、淡い赤紫色の花が覗いています。
花色は淡紫色が多いのですが、幾つかの園芸品種は紅色掛かっています。
「これは何かな?」
ご存知の方も多いでしょうが、 これが代表的ハーブであるローズマリーです。

英名は "rosemary" 、直訳すれば「マリアの薔薇」になってしまいます。
でも、これは誤解に基づくようですね。
学名(属名)の "Rosmarinus"はラテン語『海の露』が語源になっています。
"mary" ではなく、"marine" と訳さなければいけなかった訳です。

外見的に立性と匍匐(ほふく)性種に分かれます。
上の写真が立性で、下の写真が匍匐性で、枝がくるくると巻いていますね。
とても目立たない植物で、花が咲いている時でも、ご覧の通りです。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Rosmarinus officinalis"
 ● 分布 : 地中海沿岸地方
 ● 分類 : シソ科ロスマリヌス属

実は、ローズマリーのエッセンシャルオイル(精油)を毎日持ち歩いています。
脳を活性化させて、記憶力を強める作用があるのだそうですよ。
芳香には、檜葉の木のような木質なイメージがあって爽やかです。

古い時代から、その効用・効果を認められて、愛され続けてきました。
代表的な効用を列挙してみましょう。

   消臭効果
   殺菌作用
   解毒効果
   炎症抑制効果
   記憶力の改善作用
   集中力の改善作用
   鎮痛
   心臓強壮
   神経強壮

それから、「世界最古の芳香治療水、化粧水、香水」と呼ばれています。
特に「若返りの水」としてヨーロッパの女性たちに珍重されてきました。

有名なハンガリー王妃エリザベート1世のお話を紹介しておきましょう。
具体名が出てくるのですが、いろいろな派生があるお話だそうです。

修道院の尼僧が王妃のためにローズマリーで作った化粧水を贈りました。
王妃はローズマリーの香りが気に入って、毎日全身に使用していました。
王妃は齢70を越えていましたが、とても若々しくなっていきます。
ある日、ポーランド王子が王妃を一目で恋に落ち、求婚したといいます。

「ハンガリーウォーター」のお話ですね。
真偽のほどについては分かりません。
でも、ローズマリーの成分には肌を引き締める等の美顔効果があります。
筋肉痛等を和らげ、動脈硬化等への効果が検証されているそうです。

代表的ハーブ 静かな芳香 ローズマリー


 今夜はローズマリーティ(茶)を飲んでいます。精油によるアロマテラピーも続けていますので、少しは記憶力が良くなったかも・・・、まぁ、即効性があるとは、どこにも記載されていませんね。


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)