総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2006年)月別倉庫(11月) 2006年11月 7日 仲間さがし
★★★ 秋風に揺れる宝石 アメジスト・セージ ★★★

秋風に揺れる宝石 アメジスト・セージ

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

秋風に揺れるビロードの宝石 アメジスト・セージ

ビロードのような濃い赤紫色の萼から、淡い赤紫色の花が咲いています。
「これは何かな?」
いろいろな呼び方があるようですが、アメジスト・セージと紹介しておきます。

ちょっと呼び方を整理してみましょう。

  アメジスト・セージ (Amethyst sage)
  サルビア・レウカンサ (Salvia leucantha)
  メキシカン・ブッシュセージ (Mexican bush sage)
  ベルベット・セージ (Mexican bush sage)
  メキシカン・セージ (Mexican sage)
  スパニッシュ・セージ (Spanish sage)

別名が多いということは、人気があるということでしょうね。

草丈が大きい宿根サルビアの仲間で、とても人気があります。
余り大きくなるので、真夏に切り戻しをすることもあるようですね。
この花を何度か目にしていたのですが、余り気にならなかったのです。
でも、最近、近所の庭先で見掛けて「豪華だなぁ」と感じました。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Salvia leucantha"
 ● 原産 : 北米、中南米(メキシコ)
 ● 分類 : シソ科サルビア(アキギリ)属

基本的には常緑多年草(亜低木)ですが、比較的暖かい地方の植物です。
日本国内では1年草に似た生活スタイルで過ごしているのでしょう。
でも、環境の良いところでなら、何とか越冬できるそうです。
越年株の基部は木質化するというあたりは、やはりシソ科ですね。

セージという名前なので、ハーブなのだろうと勝手に思っていました。(^^*)
でも、特に芳香は感じませんでしたので、どうなのでしょうか。
健康を意味するサルビア属にしては、効用についても情報がアバウトです。
「あると言えばある」という意味に理解しました。

レウカンサ("leucantha")はラテン語で「白い花」という意味だそうです。
えっ!でも、花の部分は薄紫かたピンク色ですよね。
見たことはないのですが、どうやら、白い花もあるのだそうです。
風に吹かれてゆらゆら揺れている姿が、とても気に入ってしまいました。

秋風に揺れる宝石 アメジスト・セージ


 この10月は平年に比べて暖かい日が多かったそうです。どいやら、11月以降も、その傾向が続くのだとか!
 暖かいのはとてもありがたいのですが、夏は暑くて、冬は寒くて、やっと正常な季節の推移と言える訳です。例えば、南西諸島産の蝶が関東で普通に見られるようになるのは嬉しいことかも知れませんが、やはり、それは正常ではないという訳ですね。


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)