総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2007年)月別倉庫(10月) 2007年10月24日 仲間さがし
もう一つの白い木犀は「柊」との交雑種 ヒイラギモクセイ

もう一つの白い木犀は「柊」との交雑種 ヒイラギモクセイ

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

撮影することができた木犀の仲間がもう一種ありました。
「これは何かな?」
銀木犀と柊の雑種と推定されているヒイラギモクセイ(柊木犀)です。

「 推定されている」ということは自然交雑種なのでしょうね。
清涼感のある強い芳香があります。
この存在を知らなかった時、当然ですが、銀木犀だと思っていました。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Osmanthus x fortunei"
 ● 原産 : (原種)中国
 ● 分類 : モクセイ科モクセイ属

銀木犀も柊木犀も花の色は純白で、緑色の葉に鋸歯が見られます。
でも、柊木犀が持つ柊由来の粗い鋸歯は銀木犀の比ではありません。
また葉が平坦ではなく、中央で折れたり、歪んだりして立体的です。

もう少し柊と外形的な比較してみましょう。
葉の光沢は柊の方が強く、鋸歯の数では柊木犀の方が多いようです。
柊はクリスマスの頃に良く目にしますのでイメージできるかも知れません。


関連製品・サービス  


 柊木犀と銀木犀ですが、芳香も含めて横に並べてみないと区別しきれない気がします。実は、少し自身がない部分も残しているのですが、一度調べてみて良かった植物です。時々、家族と話すのですが、大きな庭があったら、果樹と芳香のある花木を植えたいですね。


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)