総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2008年)月別倉庫(7月) 2008年 7月12日 仲間さがし
夏の初めに咲き始めるブルーな「愛の花」 アガパンサス

夏の初めに咲き始めるブルーな「愛の花」 アガパンサス

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

ヒガンバナに似た長い花柄の先に紫色の花をたくさん咲かせています。
「これは何かな?」
ユリ科のアガパンサスといい、別名をムラサキクンシランと呼ばれます。

実はアガパンサスという名前は属名で、固有の名前はなんでしょう。
アフリカンリリーという呼び名もあり、学名からみると適切かも知れません。

でも、アカバンサスとか、アガバンサスとか、誤植が多いようでした。
ア・ガ・パ・ン・サ・ス、は覚えるのも、口にするのも難しいからでしょうね。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Agapanthus africanus"
 ● 原産 : 南アフリカ
 ● 分類 : ユリ科アガパンサス属

情報が少ないので、ネットで検索してみました。
すると、アガパンサスの語源についておもしろい説明が出てきましたよ。
Agapanthus の"agapa"は「愛」、"anthos"は「花」で、「愛の花」だとか。

ギリシャ語由来なのですね。
花屋さんの店頭で覚えにくい名前を付けるよりも、何か工夫ができるかも。
根茎で増える多年草で、この時期、あちこちで見掛けるようになりました。

夏の初めに咲き始めるブルーな「愛の花」 アガパンサス


関連製品 「持ち歩き花屋さんの花図鑑」


 夕方に撮影したために明らかに青みが強くなっています。それで、明るい時間帯に撮影し直してみたのですが、どうも雰囲気が違い過ぎるのです(笑)。まぁ、「愛の花」なので雰囲気重視で夕方撮影版を採用してみました。


ページのトップへ戻る
あなたは2006年6月15日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © 2006-2021 Green Moonlight by NYAN