総合案内へ戻るトップページ年別倉庫(2008年)月別倉庫(11月) 2008年11月 7日 仲間さがし
きりっと引き締まって咲くタイワンホトトギス(台湾杜鵑草)

きりっと引き締まって咲くタイワンホトトギス(台湾杜鵑草)

. 表示する文字のサイズは「中」程度に設定して下さい .

余り世話を掛けず、鉢に植えたままで、毎年、このようにを咲かせます。
「これは何かな?」
ユリ科のタイワンホトトギス(雑種?)が晴れた日に咲き出してくれました。

この特有の模様ですが、見方によっては不思議な雰囲気ですね。
実は、結構きれいだなと思って撮影しています(笑)。
でも、英名を Toad Lily と言いますが、訳せばヒキガエルのユリなのです。

(ちょろっと、蘊蓄)
 ● 学名 : "Tricyrtis formosana"
 ● 分布 : 北海道、本州、四国、九州
 ● 分類 : ユリ科ホトトギス属

日本では高い木の上で甲高く鳴いている鳥の名前が付いています。
実は、ホトトギスという鳥を信州の高原で見たことがあります。
意外に大きめの鳥で、遠目にも胸の縞模様が目に付くサイズでした。

雌しべには半透明の細かい突起物が見られます。
それには、高層湿原に生える食虫植物の雰囲気があるかも知れません。
一方、花弁後方には丸い三つの距があり、可愛い感じがしますね。

きりっと引き締まって咲くタイワンホトトギス(台湾杜鵑草)


関連製品



 ずいぶん昔のことですが、単にホトトギスとして購入したように記憶しています。他の庭はよく観察して、自宅の庭はないがしろにしていたのか、そのままホトトギスとだけ認識していました。枝先が分かれて花をつけていますので、タイワンホトトギスか、その交配種でしょう。


Since 2006/06/15    Latest Update 2017/11/07 © 2006-2018 Green Moonlight by NYAN   Since 2007/08/03 (Restart)