カワセミ ~エメラルドグリーンの羽を持つ「飛ぶ宝石」~
カワセミ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年2月16日
分 類 ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属
学 名 Alcedo atthis L., 1758
和 名 カワセミ (翡翠、翡翆、魚狗、川蝉)
概 説 羽は、光の具合によっておきる「干渉」で、輝く翡翠色や濃青色に変化して見えます(「構造色」と呼ばれる)。
基本的に留鳥として、川、池、湖、海岸など、水辺の斜面に巣を作って暮らします。繁殖期以外は一羽で暮らし、縄張り意識はとても強いと言われます。
分 布 基本的には留鳥で、北海道のみ夏鳥として移動する。
雌 雄 オスの嘴は全て黒色、メスは下の部分が赤色。
体 長 約17cm
その他

カワセミ カワセミ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年2月8日<

PLAY(注:動画再生に伴ってBGMが流れます! 29sec. loop )
撮影 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年2月16日

PLAY(注:動画再生に伴ってBGMが流れます! 12sec. loop )
撮影 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年4月20日

(つぶやきの棚)徒然草

 (2024/02/16) Latest Update 2024/07/11 [900KB]


ページのトップへ戻る