ハクセキレイ ~タキシードを着たような尾が長いセキレイの仲間~
ハクセキレイ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年2月8日
分 類 スズメ目セキレイ科
学 名 Motacilla alba L., 1758 *母種:タイリクハクセキレイ(大陸白鶺鴒)
Motacilla alba ssp. lugens Gloger, 1829 * 日本などに生息する亜種
和 名 ハクセキレイ (白鶺鴒)
概 説 白黒の体に長い尾が特徴的。成鳥は周年、雌も雄も背中からの上面や首、胸などが黒いというが、冬場は特に横から見ると青っぽい灰色に見える。高い金属的な短い鳴き声を出す。
分 布 北海道、本州に分布する留鳥または漂鳥。海外ではロシア沿海地方からカムチャツカ半島、千島列島、樺太、中国東北部に分布する。
雌 雄 ほぼ同色。冬、オスは背中、メスは後頭部から背中にかけて灰色に変化する。
体 長 約21cm
その他 河川敷、湖沼周辺などの水辺を好んで生息。雑食性で昆虫類、ミミズなどを食べる。

ハクセキレイ ハクセキレイ
青みを帯びた灰色ではなく、黒っぽい部分が多いようで、タキシードを着てキリッと歩いている印象です。
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年3月9日

ハクセキレイ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2024年2月8日

 (2024/03/12) Latest Update 2024/07/11 [765KB]


ページのトップへ戻る