キジ ~意外に大きい身近な野鳥~
キジ
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2007年4月17日
分 類 キジ目キジ科キジ属
学 名 Phasianus versicolor Vieillot, 1825
和 名 キジ (雉子、雉)
概 説 ご存知の通り、日本の国鳥です。時々、林縁を歩いているのを見かけていましたが、開発が進んで遭遇する機会が減って来ました。意外に大きくて、足元から飛び立つとびっくりしていまいます。オスはニワトリほどの大きさがあるのです。まるまると太っており、ちょっと美味しそうでした(笑)。
別名でニホンキジバトと呼ぶことがあるそうです。亜種として、地域別に東北地方にキタキジバト、本州・四国にトウカイキジバト、紀伊半島などにシマキジバト、九州にキュウシュウキジバトが分布しています。
分 布 北海道を除く日本各地で留鳥として分布している。
雌 雄 メスが体全体が茶褐色で、遠目にはヤマドリとの区別が難しい。
体 長 オス:約80cm、メス:約60cm、翼開長:約77cm程度
その他 山地、農耕地、河川敷などの草地に生息する。主に種子、芽、葉などの植物、昆虫などを食べる。

キジ キジ
撮撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2007年4月17日

キジ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2007年4月17日
キジ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2009年4月5日
こんなところに時々現れて、しばらく遊んでいますが、狐もおらず、猟師もいないので、市街地は安全なのかも知れません

キジ キジ
撮影地 : 千葉県八千代市 撮影日 : 2016年5月21日

 (2013/03/28) Latest Update 2024/07/11 [560KB]


ページのトップへ戻る