野の仲間たち@写真館   -82- 更新 2018/08/24

ページのトップへ戻る
花から吸蜜するが、ホバリングするだけで花にはとまらない

(スズメガ科)

和 名 : ヒメクロホウジャク

学 名 : Macroglossum bombylans (Boisduval, 1875)

撮影地 : 千葉県千葉市

撮影日 : 2006年9月16日

ヒメクロホウジャク
 ホバリングしながら花の蜜を吸うハチドリのような蛾の仲間です。少しの間、蜜を吸っていたかと思うと、一瞬の内に次の花へ移動してしまいますので、撮影するのに苦労する昆虫です。でも、ノンビリしたイメージの蛾の仲間とは思えない素早さで、羽ばたきの速さから鱗粉がなくなってしまうのだそうです。
分 布 北海道から九州まで広く分布
幼虫食餌植物 アカネ科 アカネ、ヘクソカズラ、アケビ科 アケビ等
越冬態 成虫
雌 雄 [調査中] 触角が異なるとか(未確認)。
前翅長 20-24mm

ヒメクロホウジャク ヒメクロホウジャク
ヒメクロホウジャク ヒメクロホウジャク
ヒメクロホウジャク ヒメクロホウジャク
ヒメクロホウジャク ヒメクロホウジャク
撮影地 : 千葉県千葉市  撮影日 : 2006年9月16日

(2006/11/05)Latest Update 2009/01/01 [190KB] HOME

あなたは2002年10月29日から数えて Counter 人目のご訪問者ですよ!ありがとうございます。(^^*)  © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved