野の仲間たち@写真館   -82- 更新 2018/08/24

ページのトップへ戻る
どこにでもいる俊敏なハンター

(トンボ科 Libellulidae)

和名 : シオカラトンボ

学名: Orthetrum albistylum speciosum (Burmeister)

撮影地 : 千葉県船橋市

撮影日 : 2004年8月2日

シオカラトンボ
 普遍的に見られる「おなじみのトンボ」です。シオカラトンボは♂の外見イメージからきたもので、♀はムギワラトンボですね。でも、♂も未成熟の時期は♀に近い色合いをしています。
 少し「なわばり意識」があるようです。食欲は旺盛で、同じトンボの仲間でも平気でエサにしてしまいます。弱肉強食の世界ですね。

分 布 日本全土 平地から低山地草原
雌 雄 雌雄で異なる
体 長 体長(50mm~55mm)

シオカラトンボ シオカラトンボ
いわゆる「麦わらトンボ」ですね
千葉県船橋市 2004年8月2日 千葉県船橋市 2004年8月2日

(2004/09/03)Latest Update 2004/09/03 [160KB] HOME

あなたは2002年10月29日から数えて Counter 人目のご訪問者ですよ!ありがとうございます。(^^*)  © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved