ナナホシテントウ ~真っ赤で丸い背中に七つの星~
ナナホシテントウ
撮影地 : 千葉県柏市(旧沼南町) 撮影日 : 2004年5月15日
分 類 コウチュウ目テントウムシ科ナナホシテントウ亜科ナナホシテントウ属
学 名 Coccinella septempunctata L., 1758 ナナホシテントウ (七星瓢虫、七星天道)
概 説 てんとう虫の中でも、最もよく見られるナナホシテントウです。真っ赤で丸い背中、真っ黒い頭と七つの星が目印です。
分 布 日本全国で見られる普遍種。アジア、ヨーロッパ、北アフリカにおいても広く分布する。
雌 雄 雄のおしりは少し凹みがあり、雌にはない。
体 長 5~9mm程度
その他 成虫、幼虫ともアブラムシ類を食べる。

ナナホシテントウ ナナホシテントウ ナナホシテントウ
撮影地 : 栃木県塩谷郡、 撮影日 : 2004年5月15日

 (2013/01/16) Latest Update 2024/07/11 [185KB]


ページのトップへ戻る