クマゼミ ~国内最大のセミ、でも東日本には生息していない~
クマゼミ
撮影地 : 愛媛県今治市 撮影日 : 2005年8月15日
分 類 半翅目セミ科セミ亜科クマゼミ属
学 名 Cryptotympana facialis Walker, 1858 クマゼミ (熊蝉)
概 説 大型のセミ。西日本ではごく普通に、公園などでもたくさん見られる。
分 布 東京以西~九州、八重山諸島で見られる。西日本では広い範囲で見られる。
雌 雄 (セミは一般に)雄だけが鳴く。雌はおしりの先に2本の縦線が入っている。
体 長 61~70mm程度
その他 シャオシャオという鳴き声と逆三角形の体型ですぐ分かる。東北で生まれ育ったため、埼玉県が初見で、それまでは図鑑で見る生物だった。

クマゼミ クマゼミ クマゼミ クマゼミ クマゼミ
撮影地 : 愛媛県今治市 撮影日 : 2005年8月15日

 (2005/08/27) Latest Update 2024/07/11 [800KB]


ページのトップへ戻る