ナミホシヒラタアブ ~忙しそうに飛び回る~
ナミホシヒラタアブ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2019年5月19日
分 類 ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ヒラタアブ属
学 名 Eupeodes (Metasyrphus) bucculatus Rondani, 1857 ナミホシヒラタアブ (波星扁虻)
概 説 よく似た仲間が多い。腹部に見られる黒地に黄色い紋(腹部黄紋)のパターンで判断しているが、元来、類似種のキイロナミホシヒラタアブ、マガイヒラタアブとは顔の黒色中条(触角)の有無で区別するので、この写真では正確な判断は難しいところ。ホバリングも得意。
分 布 北海道から本州、四国、九州。欧州でも普通に見られるとのこと。
雌 雄 複眼一概があるとのことだが、正確に把握できていない。
体 長 8~12mm程度
出現期 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月 (ただし、成虫で越冬する)
その他 ヒラタアブ類の幼虫は、一般にアブラムシ類を捕食する。成虫は花の蜜を食用とする。

ナミホシヒラタアブ ナミホシヒラタアブ
撮影地 : 千葉県船橋市 撮影日 : 2019年5月19日

 (2019/06/29) Latest Update 2024/07/11 [115KB]


ページのトップへ戻る