ニホンザル ~お猿の顔は本当に真っ赤っかだった~
ニホンザル
撮影地 : 栃木県塩谷郡 撮影日 : 2005年11月15
分 類 サル目オナガザル科マカク属
学 名 Macaca fuscata Gray, 1870 ニホンザル (日本猿)
概 説 日本にヒト以外で唯一棲む霊長類。「お猿さん」とは、このニホンザルです。日本列島の固有種であると同時に、最も高緯度に棲むサルです。
分 布 北海道と沖縄を除く全国の山野で見られる(屋久島には亜種であるヤクザルが棲む)。
先進諸国(?)で野生のサル類が国内に生息するのは日本のみとされる(英語では Snow Monkey と呼ばれる)。
体 重 オスの平均体重は12~15Kg、メスは8~13Kg
その他 主として広葉樹林帯に広く分布(お山に棲んで欲しいところですが、エサがなくなると里に下りて来てしまう)。

ニホンザル ニホンザル ニホンザル ニホンザル
道路を普通に歩いていますので、事故に遭わないかハラハラさせられます。群れで移動しますが、この色ですから、晩秋には全く目立ちません。
撮影地 : 栃木県塩谷郡 撮影日 : 2005年11月15日

ニホンザル
この個体は若い斥候(先達)だと思います。この後ろに、小猿も含めた群れが従います。外敵を見つけると威嚇する怖い存在です。
撮影地 : 栃木県日光市 撮影日 : 2009年5月2日

 (2005/12/03) Latest Update 2024/07/11 [720KB]


ページのトップへ戻る