キバナコスモス (黄花秋桜、キク科)--- Cosmos sulphureus Cav. ---

キバナコスモス(黄花秋桜、キク科)
 メキシコ原産の園芸植物との位置付けですが、いつのまにか、野生化しています。学名「コスモス・スルフレウス」は硫黄を意味しますから、少し濃い黄色ですが、橙色の個体が多いようです。
 くっきりと紅色が強い品種「サンセット」は日本で作出されて、アメリカの花審査会「オールアメリカセレクション(AAS)」で1966年に金賞を受賞したそうです。そんな時代から普及していたのですね。
撮影 : 千葉県印西市 2007年9月17日

キク科 コスモス属
分類体系 APG 属性(生活型) 一年草
標準和名 キバナコスモス 漢字表記 黄花秋桜
学名/栽培品種名 Cosmos sulphureus Cav. RDB
花期 秋:6~10月 結実期
原産地 メキシコ 備考
国内分布 (外来園芸種)
自生環境 各地で栽培される。肥料分の少ない、やせた土を好みます。
補 足 コスモス(オオハルシャギク)より少し早く咲き出す。花色が黄色や橙色だったことから「キバナコスモス」と呼ばれるようになったとされる。赤い花色の園芸品種が日本で育種された。

キバナコスモス(黄花秋桜、キク科)
ホームセンターの住宅コーナー
千葉県印西市 2007年9月17日
キバナコスモス(黄花秋桜、キク科)
ふるさと広場の風車をバックに
千葉県佐倉市 2022年10月15日
キバナコスモス(黄花秋桜、キク科)
一般には、すっきりした黄色と橙色が多く、コスモスより早く、夏には咲き出します
撮影 : 千葉県船橋市 2006年8月29日

多くの園芸品種が育種されていて、一重、八重、半八重咲きなどもあるそうです。
 前述の紅色が強い品種「サンセット」は、岩手県紫波町出身の橋本昌幸さんによって育種にされました。15年の歳月を要したそうです。夕日色の花だった訳ですね。

(つぶやきの棚)徒然草


 (2022/10/16) Latest Update 2022/10/16 [800KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2022 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る