ハギ (マメ科)--- Lespedeza thunbergii ---

ハギ(萩、マメ科)
 秋の七草の一つ、ハギはマメ科ハギ属の総称と説明されています。身近な場所でヤマハギなど、複数が見られるとのことです。写真は、葉の形状や全体の垂れ具合から、ミヤギノハギと推測していますが、正確に同定できるだけの知識と経験が不足しており、現状、推測としておきます。
撮影 : 千葉県船橋市 2021/09/20

科/属 マメ科/ハギ属 属性(生活型) 落葉半低木
標準和名 ハギ 漢字表記
学名/栽培品種名 Lespedeza thunbergii RDB
花期 秋:8~9月 結実期
原産地 北米、東アジア 国内分布 ハギは本州から九州までの広く分布する。ミヤギノハギは少し分布が狭い。
自生環境
補 足 マメ科ハギ属の総称(学名は、代表としてミヤギノハギの学名を表示)。

ハギ(萩、マメ科) ハギ(萩、マメ科)
葉はクローバーに似る 花は薄紅色で丸っこい
千葉県船橋市 2020/09/30 千葉県船橋市 2021/09/20

 
PLAY(注:動画再生と同時に少し自然音も出ます!)19 sec. loop
千葉県佐倉市 2021/09/23

ハギ(萩、マメ科)
岩手県花巻市 2020/10/22

徒然草


 (2021/09/20) Latest Update 2021/10/23 [915KB]


あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2021 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る